ママとパパが病院に着いた時にはラッキーの姿は既に病院が用意した段ボールに入れられていました。泣き出すママの気持ちを押さえるように院長はここに至った治療経緯を丁寧に静かに説明してくれました。症状からして水頭症が考えられるとのこと。ただ血液検査の結果もみてみないと確定はできないとの事でした。「ペットショップから段ボールで我が家に来て2日後に同じ段ボールでこんな姿で帰るのは、あまりにラッキーが可哀そうすぎる・・」そう言って車の中で動かぬラッキーを撫で続けるママの姿に、パパは返す言葉が何もありませんでした。翌日からパパは仕事に出かけました。我が家でラッキーと過ごしたママはとても辛かったと思います。それから1週間程は、パパが会社から帰宅する度に玄関に目を赤くして元気ないママの姿がありました。パパはそんなママの気持ちを察しながらもラッキーが虹の橋を渡れるよう手続きを進めるよう少しずつ助言しましたが、ママは頑なに拒み続けました。ラッキーが荼毘にふされラッキーのケージ等の思い出のものが処分されたのは、パパが考えていたよりも相当後の日のことでした。ママとパパはラッキーへの思いを振り返ると、いつも辛い気持になっていました。でも、その気持ちも、最近では、「短いラッキーの人生の中で、2日間でも一緒に過ごせた私たちはラッキーだったよね」とママ言い、パパも「天国から(お世話になりました)と、いつもママを見つめているよ」と言えるようになりました。我が家に来て16年も大切な思い出を作り続けてくれるチコという愛犬もいれば、わずか2日で一瞬の思い出を残して虹の橋を渡ったラッキーもいたことにママとパパは感謝しつつ、これからも愛犬との生活を育んでいきたいと思います。今頃は、ラッキーもケンやラックと一緒に雲の上を走り回っていると思います。ラッキー、あなたと過ごした2日間は、2年にも値する思い出の時間でした。ラッキー、ママとパパはいつまでもあなたのことは忘れません。ありがとう。

20180331gs

 

 

2日目の我が家のラッキーは、とても静かでした。ラッキーが元気に動かないのです。ラッキーは横たわったまま、体全体の力が抜けたようにケージの中にいました。前日と同じように新聞紙にからんで飛び跳ねるラッキーの姿を想像していたママとパパには予想外のことでした。午前中の「よく寝ているね・・」「ぐっすりだね・・」という言葉が「どうしたのかな?」「まだ起きないね?」と心配する言葉に変わっていったのは、その日の昼過ぎでした。午後に入るとラッキーは青色のヘドのようなものをケージ一杯に吐き出しました。体は相変わらず動かずに横たわっているラッキーでした。潤んだ細い目で天井を力なく見つめるラッキーの姿をみてママとパパは動物病院に連れていくことを決めました。その日うちに病院に向かいました。車内のラッキーは泣き声の一言も出さずにママの手の中に静かに横たわっていました。弱っているラッキーの姿を見ながら「ラッキーは体が小さいね。でも頑張って!もうすぐ病院だから・・」と願うようにつぶやいたママの声がハンドルを握るパパの耳に幾度となく入ってきたのをパパは覚えています。病院に着くと院長先生は普段になく厳しい表情で言葉を選びながらラッキーを丁寧に診察してくれました。診察の結果、ラッキーは病院に預けることになりました。思ったよりも体力の消耗が激しく余談を許さないとの先生の判断からでした。「余談を許さない?」との先生の言葉にママとパパは一つの不安を感じながら病院を後にしました。「ラッキーの傍に付いていてあげたいね・・」という車内でのママの言葉に「この時間では病院にも迷惑がかかるよ・・」と慰めるのがやっとのパパでした。朝から食事をしていなことに気づいたパパは、自宅に着くまえに何処かで食事をすることをママに勧めました。店内に入ってもラッキーのことが心配でメニューを見る目も落ち着かない様子のママに「何か口に入れないと・・」とパパがママに言った瞬間、ママの携帯電話が鳴りました。動物病院から連絡でした。先生からの報告を聞いているママの表情が突然に変わってゆきました。数分後に電話を切ったママは、目に大粒の涙を一杯にため「ラッキーが亡くなったみたい・・」とパパに伝えました。パパに言い終わった途端、ママの大粒の涙は、川のようにママの頬に流れてゆきました。「何で?」と一言返しただけのパパは、泣き崩れるママを支えるようにして再びラッキーのいる病院に車を向けました。

bug20180329da

 

ラッキーが虹の橋を渡ってから、もう相当の月日が経ちましたが、ママとパパがラッキーから教えられたことは、愛情は過ごした時間の長さだけでは図れないということでした。我が家に2日しかいなかったラッキーでしたが、初めてラッキーを抱いた感触は今でも忘れられません。大きな目をキョロキョロと動かして回りを見つめる表情と綿あめのような毛と小さい体から発する心地よい暖かいぬくもりは、とても感動ものでした。

ペットショップの大きな段ボール箱からママに抱きあげられて出てきたラッキーの姿を見たパパは。おもわず「綿毛の天使のようだね・・」とつぶやいてカメラのシャッターを切りました。ラッキーはママの片手の広さで十分に乗る大きさでした。それでもラッキーは小さな体を力いっぱい伸ばしてママのアゴにファーストキッスをしてきました。「パパ!どうよ!もう私にキスしたわ!やはりこの子はママっ子になる予感がするわ!よし!よし!」と声を弾ませてラッキーを抱いてパパのカメラにおさまりました。

その日、ラッキーはケージから出しても、うぶ毛のような少ないシッポの毛をゼンマイのようにクルクルと回しながら初めての部屋の中を嗅ぎ歩いていました。ラッキーにとって初めて過ごす我が家の第1泊目の夜は大変騒々しいものでした。深夜までケージの隅にある新聞紙にじゃれて遊びまくるラッキーでした。「パワフルだな!」とつぶやくパパを横にして新聞紙を猫じゃらしのように絡めていつまでも一人で遊んでいました。そんな元気なラッキーの姿を見ながらママとパパは,この子の名前を何と付けようか、と話し合っていました。色々の候補が出ては消えてゆきましたが結局、「ラッキー」と名付けられたのは、深夜2時頃でした。

健康でいつまでも元気な子に育って欲しい・・平凡だけど、それがこの子の人生にとって一番「ラッキー」な人生だ・・という思いでママが決めました。その後、ママとパパは、「ラッキー!」「ラッキー!」と交互にラッキーに向かって呼び合いました。ラッキーにとっては自分の名前が決まったことよりも目の前の新聞紙と絡みあって遊ぶこととの方が、もっと大事だったに違いありません。元気に動き回っていたラッキーがやっと静まりかえったのは朝方に近い四時頃のことでした。パパは睡眠が十分に取れなかった今夜のことを少しも後悔せずに心地よい眠りに着こうとしていました。時々、ケージの奥から聞こえるラッキーのかすかな泣き声を心地よく聞きながら・・「明日はラッキーとママの写真をもっと沢山撮ろう・・」と心に刻んでパパは寝不足の目を閉じました。

xxppomoi-09-13-22

 

我が家は、ケン・ラック・チコという三頭の可愛いパピヨンと縁があり、沢山の楽しい思い出と共に暮らしてきました。ケンとラックは、すでに虹の橋を渡って天国からママとパパを見ついてくれています。残ったチコは、ママとパパに寄り添いながら一人がんばってシルバー犬として一緒に暮らしています。そんな中、実は、我が家には、もう一頭、「ラッキー」という愛犬がおりました。ケンと同じペットショップでママが一目惚で決めた可愛いチワワの男の子です。
 ママはこの子をペットショップで見た瞬間、取りつかれたように「もう飼うことに決めたので!」と興奮してパパに伝えてきました。ペットショップで急ぎ支払いの手続きをして我が家に連れてこられたラッキーは、手のひらに乗せると壊れそうなとても小さな体の可愛らしい子でした。しかし、ラッキーは、我が家に来て2日目に突然、食べたものを吐き出し、ぐったりしてしまいました。急ぎ病院に連れてゆきましたが看病の甲斐もなく2日後に亡くなりました。水頭症でした。我が家にたった2日間しかいなかったこの子をママとパパは、まるで2・3ヵ月でも我が家にいたように思い、悲しみ、涙しました。
 小さな顔いっぱいに光輝いていた大きな瞳が、今でもママとパパの脳裏に深く刻まれています。我が家に来てラッキーな人生を歩んでもらおうと、付けたこの子の名前はでしたが、名の通りにはいかなかったアンラッキーな短い人生でした。街がクリスマスソングでにぎわう12月の暮れ頃、あまりにも短い人生で天国に旅立ったラッキーを前にママとパパは、いつまでもラッキーを見つめて涙しました。
618jcb0003

asa0163
チコはよく寝ます。最近は動くと疲れるのか、そもそも体力が衰えて来たのか、パパとママが部屋にいることが判ると、いつもの枕の上に乗りり体をぐったりと枕に落としてぐっすりと寝てしまいます。いびきもかかずに静かに寝ます。チコの耳はすでに遠くなっています。近くで物音がしても鋭い音でない限り聞こえていないようです。大切な片目は遠くまでを見る力がもうありません。だからママとパパは、チコを脅かさないように近づく時は、そっと近づき体に触れます。唯一、チコの鼻だけが意欲的にクンクン動かして嗅いでるようです。人も犬もはやり五感は健全であって初めて生活の中でバランスの取れた行動ができるものです。その意味ではチコを見ているとパパはチコがふびんに思えてなりません。だからパパはチコを怒らず、優しく甘やかしてしてしまいます。チコの残った限られて日々を大切に過ごさせてあげたいと思っています。今晩もチコの寝顔を見つめています。そして、チコが今、見ている夢だけでも、せめてはっきりと鮮やかに見ていて欲しいと願っているパパです。

今夜は虎ノ門の某中華店でお世話になった方と会食しました。いつもようにお美味しい餃子をオーダーして懇談していましたが、オーダーしたニラ玉がなかなかこないのです。しばらく待っていると隣テーブルにニラ玉が届いいました。ひょっとしたら我々のオーダーしたニラ玉では?と思いつつ、私たちのテーブルの来るニラ玉を待っていました。やはり案の定、店員が間違えて隣のテーブルに届けてしまったことが判明しました。この事がきっかけで隣の客人と会話を始めるきっかけとなりました。隣の客人たちは人柄もよく話が楽しく弾みました。ニラ玉の間違ったデリバリーのお蔭でした。歓談は更に進み、このお店は常連客に裏メニューがあって対応してくれるということが分かりました。私たちも隣の常連客の勧めよって普段ではオーダーできない裏メニューを頼む機会が与えられました。常連客の推薦でオーダーできることになりました。そして食べてみて驚きました。オーダーした全ての裏メニューが絶品なんです。久しぶりに常連客の醍醐味を舌で味わう恩恵を受けました。隣の客人に改めて感謝です。写真は我々が堪能した裏メニューの一つ。カレーピラフです。こんな美味しいピラフ食べたことがありません。お店後にして改めて偶然に知り合った隣テーブルの常連客人に感謝した次第です。
IMG_20180301_215710

渋谷のターミナル付近は駅を中心に大きなビルが3つも建築中です。しかし駅ビル内のこの位置からみるハチ公広場の風景はまだ変わっていません。この大勢の人混みの中でハチ公がいます。分かりにくいですが見つけられますか?
IMG_20180301_170759

↑このページのトップヘ